エラ削りの施術とダウンタイムについて

自分が思っていたよりも痛かったダウンタイム

エラ削りのダウンタイムエラ削りで小顔整形|手術前後写真と腫れ・ダウンタイム

顔が大きいせいでせっかくのスタイルも台無しに不安な気持ちを和らげてくれる医師や看護師に安心した自分が思っていたよりも痛かったダウンタイム

一週間くらいは流動食で過ごしていて、その期間で少し痩せましたが太ってきていたのでちょうど良かったかなと思いました。
退院してからもまだ腫れはあったし、痛みや感覚があまりないという感じがあったのでドキドキしていましたが、その後医師に術後の経過をみてもらった時に経過は順調だと言われたので安心できました。
最初の一週間ほどはダウンタイムはイメージしていた以上に酷いものがあり、とても辛かったですが一ヶ月ほど経過した頃には痛みや腫れはかなりなくなっていました。
その頃から外出時にはマスクをするくらい出ることができるようになりました。
施術をした時には、仕事を辞めていたので問題はありませんでしたが、もし仕事をしている中での施術となっていたら、かなり休まなくてはならなかっただろうしますます不安だっただろうなと思うので辞めてから受けて良かったなと思っています。
施術を受けてから半年ほど経過したいまでは、腫れや痛みもすっかりなくなったし、顔周りがスッキリとしていてスタイルもよく見えると周りから褒めてもらえるようになりました。
エラがあるのとないのとでは、こんなに精神的に違いがあるんだなと思ってびっくりしているし、おしゃれをするのもメイクをするのもますます楽しくなりました。
ダウンタイムはかなり厳しい期間でしたが、エラ削りをして本当に良かったなと思っています。